病院

日本人にも多い病気の一つ|大腸がんなどの初期症状は知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気を治すために利用

カウンセリング

かかりつけ医が無い場合は、病院探しの専門サイトを利用して探すと、外科や内科を効率良く見つけられます。夜も眠らない街である新宿エリアですが、夜中や早朝に病院を利用したい場合は緊急時対応の病院があります。

詳しくはこちら

女性特有のがんを予防する

看護師

乳がん検診には、マンモグラフィーとエコー検査、医師による視触診があります。それぞれの検査は、年代によって向き不向きがあるので、年に1度はマンモグラフィーとエコー検査を併用して乳がん検診をすることが大切です。

詳しくはこちら

上手に付き合って行こう

患者

潰瘍性大腸炎の治療は、内科での薬物治療が基本となり、病状によって薬を使い分けていきます。また、治療を行っていく上では、普段の食生活での食べ物に注意していくとが大切です。動物性の油分や乳製品、繊維質が豊富なものなどには気を付ける必要があります。

詳しくはこちら

大腸にできる腫瘍

女性

ヘルスチェックがポイント

がんは早期発見が生存率に直結する内容で、大腸がんにも同じことが言え、大腸検査ではX線検査と内視鏡検査を進んで受けることが大切です。大腸がんの初期症状は排便時の便を観察することもポイントで、例えば、血便や粘液便には注意が必要で、痔からの出血と間違えやすいものの、がんの可能性も否定できない内容です。内臓からの出血はそれぞれに色が違うのも見極めのポイントですし、また、便が細くなったり便秘と下痢を繰り返すなどの便通の異常も大腸がんを発症した方が認めている症状の1つです。がんができると腸が狭くなるために便の通りが悪くなるため、見極められる内容ですし、体重減少などを含め、日頃からのヘルスチェックは早期発見できるテクニックに使えます。

社会復帰も可能

大腸がんになっても、適切な治療をすることで社会復帰ができ、肛門近くにがんがあっても人工肛門をつけることで、手術する前と同じ生活を過ごすことができます。肛門温存が理想であるものの、人工肛門に使用される器具も改良されており、簡単な訓練で使いこなせるようになります。特に洗腸法を用いることで社会復帰できる利点があり、毎日決まった時間にぬるま湯を人工肛門から注入して一気に洗い出す、いわゆる浣腸方式が人気です。毎朝大腸の内容物を全て洗い出すことで、翌日まで排便はなく、周囲に及ぼす臭いの心配もなくなり、安心して外出することができると支持されています。これまで、大腸がんではプラスチックの袋を張り付けるなどの対策がネックでしたが、人工肛門のある生活スタイルも評価されはじめています。